メタバリアS 糖の吸収を抑える

富士フイルム メタバリアSは糖の吸収を抑える効果はありますか?

富士フイルムメタバリアSは、糖質の吸収を抑えてメタボ対策やダイエットをサポートする効果が期待できますが、血糖値を抑え糖の吸収を抑える対策になるのでしょうか?糖の吸収を抑える効果について紹介します。

 

>>メタバリアSを500円の最安値で試す!

 


メタバリアSは血糖値を抑えて糖の吸収を抑える効果があるのか?

 

メタバリアSは、血糖値を抑えて糖の吸収を抑える効果が期待できるという口コミがありますが、効果があるのでしょうか?
メタバリアSには、サラシア由来のサラシノールが配合されており、糖分の吸収を抑える効果血糖値を下げる効果が期待できるのです。

 

 

メタバリアSは、一般的にはダイエット目的が多いのですが、糖の吸収を抑える効果を期待して買われる方も増えています。

 

メタバリアSのサラシア由来のサラシノールは、食事で摂取する糖質の消化を抑え、血液中の食後血糖値を下げる働きがあるのです。

 

サラシノールは、機能性関与成分であり、食事から摂取した糖の吸収を抑える機能性が報告されています。
そして、メタバリアSは、機能性表示食品となっているから安心して試せるのですね。

メタバリアSに配合されてるサラシア・サラシノールとは?

 

メタバリアSに配合されているサラシアは、スリランカやインドなど、東南アジア、ブラジルなどの熱帯地域で自生する植物です。
サラシアは、伝承医学のアーユルヴェーダーの秘薬として糖の吸収を抑える治療として用いられています。

 

その効果が優れているので、奇跡の植物などと呼ばれていますが、その効果を引き出しているのが、メタバリアSなのです。

 

メタバリアSには、サラシアに含まれるサラシノールが配合され、糖の吸収を抑えることができます。
分離、精製が難しいといわれていたサラシノールを富士フイルム独自の技術で高濃度かつ安定化に成功しました。

 

メタバリアSには、メイン成分のサラシア由来のサラシノールと、レタス3個分に匹敵する食物繊維、ケルセチン配糖体、クロム酵母、赤ワインポリフェノール、カテキンがプラス配合されています。

メタバリアSで血糖値の上昇を抑える

 

サラシノールで糖の吸収を抑える

 

メタバリアSにはサラシノールが配合されており、糖の吸収を抑える効果が期待でき血糖値の上昇を抑えことがきます。

 

食べたものは消化酵素により、ブドウ糖に分解されて、すい臓から分泌されるインスリンの作用で細胞に取り込まれてます。

 

そして、エネルギーに変化するのですが、インスリンの分泌する量が不足すると、糖を細胞に取り込めなくなり血中に流れ出します。

 

 

サラシア由来のサラシノールは、糖を吸収するのを抑えてくれるので、血糖値の上昇を抑えることができるのです。

 

 

糖を100%吸収させないことにより、食後血糖値が若干下がることが実験によってわかっています。

 

 

食物繊維で糖の吸収を抑える

 

また、メタバリアSにはレタス3個分に匹敵する食物繊維も配合されています。
食物繊維には、水分を含むと膨らんで粘性の物質になり、その粘りが食物をからめとり、小腸の中をゆっくりと移動していきます。

 

ゆっくりと移動することにより、一気に小腸から吸収される栄養素の量が減るのです。
この働きのために、食物繊維は糖の吸収を抑えることができ、食後血糖値をゆっくり上昇させることができます。

メタバリアSで糖の吸収を抑える!

 

メタバリアSの成分により、血糖値を緩やかに上昇させることができ、すい臓は一気にインスリンを作り出さなくてよくなります。
血糖値が高い人が気を付けないといけないのは、すい臓を酷使しないことです。

 

血糖値が緩やかに上げる状態をキープできれば、すい臓に一気に大量のインスリンを作らせる必要もなくなります

 

血糖値が高いということは、今まですい臓を酷使してきたということですから、これ以上酷使すると糖尿病になってしまう恐れがあります。

 

 

糖の吸収を抑える効果にメタバリアSを使うのは有効といえるのです。

メタバリアSの飲み方は?

 

メタバリアSは、食事の15分前に飲むことが推奨されています。

 

 

糖をブロックすることが肝心ですので、食事の前に飲むことが大事なのです。
1日8粒飲むのですが、4粒ずつなど分けて飲むといいですね。

 

メタバリアSはこちら!

>>メタバリアSを500円の最安値で試す!